社会福祉法人 大幸会 -彩幸の杜-
文字サイズ変更

居宅介護支援事業

居宅介護支援事業(ケアプランセンター)

counseling_roomケアマネージャー(介護支援専門員)が介護ニーズに応じた「ケアプラン」の作成や要介護認定申請の支援など、要介護の方が各種介護保険サービスを利用するまでの相談・手続き等、介護の窓口から幅広くお手伝いさせていただきます。

ご相談は“無料相談”ホットラインへお電話ください
048-792-1111
担当:介護支援専門員 萩原、新井

ケアマネージャーって?

要支援・要介護者本人やその家族からの相談に応じ、適切な介護サービスを受けるために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

ケアプランって?

どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。
介護や支援の必要性に応じてサービスを組み合わせたケアプランを作成します。

ケアプランはお金がかかるの?

現在の保険制度では費用負担は実質ありません。
(※サービス費用は全額介護保険より負担されるため、自己負担はありません)

介護サービス提供の流れ

1.申請
介護サービスの利用を希望する方は市役所の窓口に申請を行います。
2.要介護(要支援)認定
訪問調査
認定調査員が本人の心身の状況を確認するために、日常生活における介護の必要度について本人と家族などに聞き取り調査を行います。
主治医の意見書
主治医に疾病状態、特別な医療、認知症や障害の状況について意見を求めます。
コンピューター判定(一次判定)
全国共通のコンピューターによって判定されます。
介護認定審査(二次判定)
認定調査(一次判定)の結果と主治医の意見書などをもとに保険・医療・福祉の専門家によって、どのくらいの介護が必要か審査します。
認定
介護を必要とする度合い(要介護・要支援状態区分)が認定されます。
3.認定結果の通知
市より申請者本人に被保険者証の送付と認定結果が通知されます。
4.在宅か施設かを選択
居宅サービス
居宅介護支援事業者を決定し、ケアプラン(居宅サービス計画)の作成を依頼します。要支援の方は、担当の地域包括支援センターにケアプラン(介護予防サービス計画)の作成を依頼します。
施設サービス
要介護1以上の方が利用できます。本人か家族が直接施設に申し込みます。
5.居宅サービス計画・介護予防サービス計画の作成
居宅サービス計画の作成依頼(要介護と認定された方)
指定居宅介護支援事業者の介護支援専門員(ケアマネジャー)に申し込みます。
介護予防サービス計画の作成(要支援と認定された方)
地域包括支援センターに申し込みます。
6.サービスを利用する
ケアプラン(居宅・介護予防サービス計画)に基づいてサービスを利用します。原則として利用者負担額は費用の1割です。

お気軽にお問い合わせ下さい

お電話でのお問い合わせは
048-792-1111
担当:介護支援専門員 萩原・新井
メールでのお問い合わせはこちら
トップへ戻る